長期的な視野を持つために With Long Term Views

2018/04/26 21:55 に Naota ASAO が投稿   [ 2018/04/26 21:55 に更新しました ]
逆説の法則」(西成活裕・著)を読みました。  

長期的な視野を持つために、あえて目先の手間を惜しまずかけるべき、というのが著者の主張。

現代社会の諸問題は「長期的な視野の欠如」によるものが多く、その解決にこの「急がば回れ」的な「逆説」の考え方が役立つ、と。

逆説の法則は4つにまとめられているので、詳しくは本をご覧ください。


経営に直接かかわる分野、企業業績についても取り上げられています。
その一つとして提起されるのが、四半期ごとの開示をやめて、数年間をまとめて評価する長期会計を導入すること。

複数年度の通算会計は、公開されているデータを加工すればできるので、ぜひ開示を進めていただきたい(細かい精度の問題を無視すれば、の話)。

当初はあまり注目されないかもしれませんが、開示されれば発見もあるはず。読み方によっては ESG よりも頼りになるかもしれません。
 
Comments